成形加工条件

Sumika Polycarbonate Limited



製品についてのお問い合わせ先は、こちらを参照下さい

グレード
乾燥条件
標準成形温度(℃)
金型温度(℃)
301-4
125℃、 4〜6Hr
315-340
70-100
301-6
125℃、 4〜6Hr
300-325
70-100
301-10
125℃、 4〜6Hr
290-315
70-100
301-15
125℃、 4〜6Hr
280-300
70-100
301-22
125℃、 4〜6Hr
265-280
70-100
301-30
125℃、 4〜6Hr
250-260
70-100
301-40
125℃、 4〜6Hr
250-260
70-100
SD2201W
120℃、 4〜6Hr
280-300
70-100
775-20
125℃、 4〜6Hr
270-290
70-100
776-20
125℃、 4〜6Hr
270-290
70-100
875-20
125℃、 4〜6Hr
270-290
70-100
876-20
125℃、 4〜6Hr
270-290
70-100
877-20
125℃、 4〜6Hr
270-290
70-100
878-20
125℃、 4〜6Hr
270-290
70-100
875G10
125℃、 4〜6Hr
280-300
80-110
875G20
125℃、 4〜6Hr
280-300
80-110
875G20F
125℃、 4〜6Hr
280-300
80-110
SI 6001W
115℃、 4〜6Hr
265-280
70-100
LR 8031V
125℃、 4〜6Hr
265-280
70-100
LR 8061V-F10
125℃、 4〜6Hr
265-280
80-110
LR 8081W
125℃、 4〜6Hr
265-280
70-90
ST 5101V
125℃、 4〜6Hr
280-300
80-110
ST 5201V
125℃、 4〜6Hr
280-300
80-110
ST 5301V
125℃、 4〜6Hr
280-300
80-110
ST 5031V-G10
125℃、 4〜6Hr
280-300
80-110
IM 5101V
120℃、 4〜6Hr
280-300
80-110
CF 5101V
125℃、 4〜6Hr
280-300
80-110
CF 5201V
125℃、 4〜6Hr
280-300
80-110
CF 5301V
125℃、 4〜6Hr
280-300
80-110
CS 5005
125℃、 4〜6Hr
265-280
70-100
CS 5010
125℃、 4〜6Hr
265-280
70-100
CS 5015
125℃、 4〜6Hr
265-280
70-100
IM-401-10
120℃、 4〜6Hr
280-300
70-100
IM-401-18
120℃、 4〜6Hr
260-280
70-100
IM-401-28
120℃、 4〜6Hr
250-260
70-100
IM 6110
110℃、 4〜6Hr
250-270
50-80

IM 6011

100℃、 4〜6Hr
240-260
50-80
IM 6120
115℃、 4〜6Hr
260-280
50-80
IM 6023
100℃、 4〜6Hr
240-260
50-80
PCX-3655
115℃、 4〜6Hr
270-290
60-80
PCX-10325B
120℃、 4〜6Hr
260-280
70-110
CR 3241
120℃、 4〜6Hr
270-290
70-100
CR 3241-10G
120℃、 4〜6Hr
280-300
80-110
CR 3441
115℃、 4〜6Hr
260-280
70-100
CR 3441-10G
115℃、 4〜6Hr
260-280
80-110
CR 3420T 120℃、 4〜6Hr
260-280
70-100
CR 3341T 120℃、 4〜6Hr
260-280
70-100

(注)

ポリカーボネートは親水性樹脂であり、空気中の温度により0.1-0.2%の水分を吸収します。樹脂中に水分が存在 すると、加工時に加水分解反応が起こり、樹脂の分子量が低下し成型品の品質が低下します。そのため使用前の乾燥は必ず実施してください。

 


本資料について:

  • 本資料に掲載の数値はいずれも代表値であり、保証値もしくは規格値ではありません。
  • 本資料に記載のデータは、新しい知見により、予告無く改訂されることがあります。
  • この資料に記載された用途例は、本製品の適用結果を保証するものではありません。
  • この資料に記載された製品の取扱については、事前に製品データ安全シート(SDS)をよくお読みください。
  • 製品の個々の用途への適用に関しては、法規制、各種製品規格、自主規制基準などに配慮の上、製品試験などでの確認をお願いします。
  • 医療器具用途など特殊な用途に使用する場合、あらかじめ弊社にご相談ください。
  • この資料に記載された燃焼性は、小規模試験による評価であり、実際の火災での危険性の評価にそのまま適用することはできません。
  • ご使用に際しては、工業所有権などにもご注意ください。

製品についてのお問い合わせ先は、こちらを参照下さい
[各種特性トップへ] [ホームページトップへ]