SF5000シリーズ
ガラス強化グレード

SF5000 シリーズはグラスファイバー強化された、軽量・高剛性のポリカーボネート樹脂です。応用分野は、カメラ・鏡筒関連部品です。



特性
試験法
測定条件
単位
標準
良外観
高衝撃
SF5101V
SF5201V
SF5301V
AF5011H-G10
AF5021V-G20
AF5031M-G30
IM5101V
引張強度
ISO 527-2
-
MPa
85
110
120
60
95
100
77
引張弾性率
ISO 527-2
-
MPa
4100
6300
9000
3000
-
6500
3900
引張伸び率
ISO 527-2
-
%
5
4
4
11
4
3
4
曲げ強度
ISO 178
-
MPa
120
130
190
100
130
150
110
曲げ弾性率
ISO 178
-
MPa
3600
5400
8500
2800
5100
6000
3400
シャルピー衝撃強度
ISO 179-1
ノッチあり
ノッチなし
KJ/u
10
50
15
45
20
40
10
50
10
-
12
-
14
-
荷重たわみ温度
ISO 75-2
アニールなし
140
143
143
134
143
141
139
密度
ASTM D-792
-
-
1.27
1.34
1.42
1.27
1.34
1.42
1.26
吸水率
ASTM D-570
23℃
水中24Hr
%
0.15
0.12
0.10
0.15
0.12
0.10
0.15
機械的特性
引張強度
ASTM D-638
-
MPa
kg/cu
81
830
103
1050
123
1250
61
620
95
970
-
-
71
720
伸び率
ASTM D-638
-
%
4
3
3
11
4
-
3
曲げ強度
ASTM D-790
-
MPa
kg/cu
115
1170
133
1360
149
1520
97
990
130
1400
-
-
110
1120
曲げ弾性率
ASTM D-790
-
MPa
kg/cu
3530
36000
5590
57000
7650
78000
2800
28500
5100
52400
-
-
3330
34000
ロックウェル硬度
ASTM D-785
-
R
(スケール)
123
123
122
123
123
-
-
アイゾット衝撃強度
ASTM D-256
ノッチあり
J/M
kg・cm/cm
98
10
127
13
147
15
69
7
68
7
-
-
186
19
熱的特性
荷重たわみ温度
(アニールなし)
ASTM D-648
1.82MPa
143
145
147
137
143
142
142
0.45MPa
147
149
150
141
147
146
-
成形収縮率
ASTM D-995
MD方向(//)
TD方向(⊥)
%
0.3-0.5
0.4-0.6
0.2-0.4
0.4-0.6
0.1-0.3
0.4-0.6
0.4-0.6
0.4-0.6
0.2-0.4
0.4-0.6
0.1-0.3
0.2-0.4
0.3-0.5
0.4-0.6
線膨張係数
ASTM D-696
MD方向(//)
TD方向(⊥)
×10-5
cm/cm/℃
3.9
6.5
2.8
6.1
2.0
5.7
5.0
6.0
2.0
6.0
3.5
5.0
-
-
電気的特性
絶縁破壊強さ
ASTM D-149
-
KV/mm
20
20
20
20
20
20
-
表面抵抗率
IEC 60093
-
Ω
1015
1015
1015
1015
1015
1015
1015
体積抵抗率
IEC 60093
-
×1016
Ωcm
1
1
2
1
1
2
1
耐トラッキング性
IEC 60112
-
V
200
180
180
200
180
180
-
耐アーク性
ASTM D-495
-
SEC
110
110
110
110
110
110
-
UL規格
耐炎性
UL94
3.0mm厚
-
V-1
V-1
V-1
V-1
V-1
V-0
-
1.5mm厚
V-2
V-2
V-2
V-2
V-2
V-2
-
ISO表記
>PC-GF10<
>PC-GF20<
>PC-GF30<
>PC-GF10<
>PC-GF20<
>PC-GF30<
>PC-GF10<

ダウンロード:

より詳細なデータは、SDポリカ™テクニカルデータで確認できます。

本資料について:

  • 本資料に掲載の数値はいずれも代表値であり、保証値もしくは規格値ではありません。
  • 本資料に記載のデータは、新しい知見により、予告無く改訂されることがあります。
  • この資料に記載された用途例は、本製品の適用結果を保証するものではありません。
  • この資料に記載された製品の取扱については、事前に製品データ安全シート(SDS)をよくお読みください。
  • 製品の個々の用途への適用に関しては、法規制、各種製品規格、自主規制基準などに配慮の上、製品試験などでの確認をお願いします。
  • 医療器具用途など特殊な用途に使用する場合、あらかじめ弊社にご相談ください。
  • この資料に記載された燃焼性は、小規模試験による評価であり、実際の火災での危険性の評価にそのまま適用することはできません。
  • ご使用に際しては、工業所有権などにもご注意ください。

製品についてのお問い合わせ先は、こちらを参照下さい